葬儀とお墓の相場とは

葬儀やお墓の相場とは一体どれくらいなのか。業者によっても金額は大きく変わってくるのか? - 葬儀から霊園にかかる費用

葬儀から霊園にかかる費用

「お墓のお値段の相場はどれくらいか見当がつくでしょうか?」このように聞かれても、すぐに返事できる人は少数派でしょう。葬儀の値段でしたらだいたいの金額を知っている人も少なくないでしょう。一般的な葬儀ではおよそ200万円以内で収めることが可能でしょう。しかし最近では小さな葬儀、いわゆる「家族葬」を行う人も少なくありません。その場合ですともっと低予算で葬儀を行うことができます。

霊園選び

葬儀の後は霊園選びですね。霊園を選ぶ場合、あなたは霊園をどのようにして選びますか?それほど頻繁に買い換えることなどしない一生に一度あるかないかの大きな買い物のひとつです。

ですが、霊園がきまったら次はお墓の準備をしなければなりません。決して安い買い物ではありませんので、費用については基本的な知識を持っておきたいです。

霊園は宗旨や宗派が不問であるから魅力的です

葬儀からお墓までにかかる費用って?

今回は葬儀、そして霊園にお墓を建てる場合に実際にどの程度の費用がかかるかをご紹介します。
まずは葬儀。葬儀にもたくさんのプランがあります。一番低予算で行うことができるのは火葬のみのプラン。この場合お通夜や告別式を行わない為、金額は20万円前後となり非常にお安く済ませすことができるでしょう。そして先ほど少しお話をさせていただいた家族葬。こちらは、家族や親しい友人で行うことができ、コンパクトに葬儀を済ませたいという方におすすめのプランです。だいたい100万円以内で行うことができます。

そして次はお墓にかかる値段。
東京23区内で一般的なお墓を作ろうとすると概算ですが平均で300万円程度は必要になります。これは墓石の料金は300万円ということではないです。お墓の値段は大きく区分すると

  1. 永代使用料
  2. 墓石費用
  3. 管理費

……この3点になります。

それぞれの内容をご説明いたします。

永代使用料

1番目は<永代使用料>です。これはお墓を建てる土地、つまり墓所の使用料のことで、あくまでも墓所を使用するための費用になります。墓所の土地を購入できるという意味ではないですので間違わないようにしておきましょう。

永代使用料はお墓の料金を大きく左右します。地域によってはかなりの差があるからです。値段に違いは不動産と連動しています。都心エリアに近くなればその分、料金も高くなります。地方や郊外に行くほど料金は安くなる傾向にあります。最近では墓所コストを押さえるために都心部では墓所区画が凄く狭くなっているようです。

堂内墓と言われるコンパクトな室内墓地もあります。

墓石費用

墓石費用

2番目は<墓石費用>です。墓石そのものと付属品の費用と設置する場合の工事費用のことです。値段は「大きさ」「加工」「彫刻」「石質」「形」「付属品」によって違います。シンプルな洋型墓石・流行のデザイン墓石・伝統的な和型墓石でも料金は異なります。

購入前にしっかりと調べておきましょう。長期間に渡って使用するものですから、可能な限り良い品質のものを選びたいです。予算の範囲での希望を絞り込んでください。石材店によりましたら、金額が大きい買い物ですから生命保険会社やクレジットカード会社と提携したローンを取り扱っている場合もあります。

すぐに現金を準備できないならば、ローンが使える石材店を選ぶ必要があるでしょう。

管理料

管理料
3番目は<管理料>です。墓所を維持する為の費用です。一般的には年1回の支払いが継続的に必要です。利用者が共同で使用する霊園の施設や設備の維持管理にも使われまして、料金は霊園によって様々です。契約する前にしっかりチェックしておきましょう。

滞納するとお墓の使用権は取り消されます。管理料を支払っている人がお墓に入った後も忘れずに納付しなければなりません。管理料は誰が支払うのかもご家族やご親族と話し合っておきましょう。霊園のパンフレットで目につくのが【宗旨・宗派不問】の文字です。

宗教の違い

今回は霊園によっても少し解釈が違う場合がある、このテーマについて説明しておきましょう。一般的な民間霊園の場合は<お墓の購入前も購入後も、どんな宗教でも良い>とう解釈になります。都道府県や市区町村などの地方自治体が運営している公営霊園もほぼこれと同じ解釈でいいでしょう。

葬儀と宗教

葬儀を行う前に必ず宗教を確認しましょう。宗教によって葬儀の進め方も違ってきます。

霊園なら安心

宗教も宗旨や宗派も関係なく、全ての人たちが利用できるのが霊園です。墓所に納骨した後も生前の宗教・宗旨・宗派で法要できます。民間霊園や公営霊園は信仰面で見た場合は、自由度が高い霊園と考えられます。神道の場合は<死>は「けがれること」との考えがあるので神社の境内に墓所を設置していません。

だから、神道信仰者は民間霊園や公営霊園を探しています。

寺院墓所

次に<寺院墓所>の場合はどうでしょうか?本来は仏教が基本になっています。お寺が母体となっており敷地内や隣接地に寺院墓地があります。ここでの【宗旨・宗派不問】の表現は<在来仏教の信仰者であれば、宗旨や宗派は問いません>という解釈です。

在来仏教は、「浄土宗」や「日蓮宗」など明治初期の時代までに日本で根付いていた伝統的な仏教ですから、従来仏教以外を信仰している人はその寺院の宗派に改宗しなければなりません。霊園でのマナーはこれ以外にも【過去の宗旨・宗派不問】という表現の寺院墓地があります。

これは墓地購入する場合は、その寺院の宗派に改宗して檀家に入ることが条件になります。入檀料として費用がかかることが多いです。こういった寺院運営墓地の場合は、契約時に改宗の必要がなくても納骨後の法要は寺院の宗旨・宗派に沿ったスタイルになります。

その場合は、寺院のご住職に祭祀や法要をお願いすることになります。以上のように【宗旨・宗派不問】という表現の意味はいろいろです。信仰は簡単に変えられるものではありません。墓地を購入する場合は細かい条件までキチンと理解しておきたいですね。

改宗する場合はご家族やご親族としっかり話をして理解しないといけません。お墓は代々受け継がれるものだからです。

まとめ

先ほどあげられた葬儀やお墓に関する金額はある程度の金額になり、業者によっても異なります。葬儀やお墓の費用等を含めたお墓・霊園関連の情報が知りたいという人は、簡単に決めてしまわないで、色々な業者の情報をピックアップして比較をしながら焦らずに決めるようにしてくださいね。

おすすめサイト

家族葬なら「花葬儀」
http://www.hana-sougi.com/

更新情報

[2016-09-27]
葬儀から霊園にかかる費用の情報を更新しました。
[2016-06-28]
霊園見学会に参加する場合の注意点の情報を更新しました。
[2016-06-28]
霊園選びの失敗談と選択のポイントの情報を更新しました。
[2016-06-28]
霊園と税金の関係についての情報を更新しました。
[2016-06-28]
霊園選びでのトラブルには要注意の情報を更新しました。
ページ上に戻る